【日常】鬼滅の刃最終巻!涙腺崩壊

日常

どうも。人との接し方が最近わからない。ぱんくろう。です。

12月4日待ちに待った「鬼滅の刃23巻」が発売されました。見事!特装版をゲットすることができました。

※この先ネタバレがあります。

表紙炭治郎ねずこ2人が仲良く幸せそうな姿です。無惨との戦いがはじまってからが次々と死んでいきました。

23巻ではきっとみんなハッピーエンドなんだと思っていたのですが、やっぱりたくさん亡くなりました。そして冨岡さんの思いやねずこ、伊之助、善逸の思いなどそれぞれの気持ちが伝わってくるものでした。

伊之助は初めて会ったときとは大きく変わり仲間の大切さを覚えていて成長がものすごくわかりました。好きなキャラクターでもあるので親のような気持ちになりました。笑

最後のページ「そで」の部分に吾峠先生のコメントが書いてあったのですがそこもまた23巻を読んだあとだからこそグッとくるものがありました。3、4回うるっとくる場面がありました。

特装版としてついてきたフィギュアの紹介もしたいと思います。

炭治郎、ねずこ、伊之助、善逸のフィギュアでした。かなりかわいいですね。4体もついてるなんて豪華すぎます。

善逸は、微笑み顔と困り顔の2つ入っており、こちらも個人的には困り顔の善逸のほうが可愛かったので困り顔で飾ります。

伊之助被り物綺麗な顔の2つ入っていました。個人的には童磨との戦いで伊之助お母さんが出てきた際に綺麗すぎて惚れたので綺麗な顔のほうで飾ることにします。笑

炭治郎は、アザがちがうのが入っていました。さらに背負い箱もついておりカナヲから逃げた時の小さいねずこが入っています。煉獄さんがついたものと元々炭治郎がもっていた2種類入っていました。

どちらのアザもどちらのも好きです。日によって、いや年ごとに変えようと思います。笑

ねずこ可愛い一択ですよね。のときの目のねずこも好きですが、やはり戻った時のねずこは更に可愛いですね。

フィギュアをよくみると炭治郎ねずこはお互いを確認するような見つめ合う感じになっておりもつないでいるように見えます。この写真をみるだけで幸せな気持ちになりますね。

あとはアニメを待つのみです。漫画で感動、アニメで感動、今後も楽しみにしています。

最後まで見て頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました